読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snuffkinの遊び場

IT関係、スポーツ、数学等に関することを、気が向いたときに書いてます。

ユーザ拠点間でパス設定

以前、PCEPの記事を紹介しましたが、今回も似たような技術の紹介です。
高品質・高信頼なIP-VPNサービスの技術開発について
KDDI研究所など,ユーザーがMPLSパスを設定できる世界初のIP-VPN技術をデモ

通信事業者のネットワーク内だけでなく、ユーザ拠点間にパス設定できるそうです。記事には以下のように書いてあります。

仕組みは,通信事業者網側の収容ルーター(エッジルーター)にパス計算サーバー機能,ユーザー拠点側のルーターにバス計算クライアント機能を搭載し,ユーザー拠点から通信事業者の網に対してMPLS-TEパスの帯域と経路を予約できるようにするというもの。

結構、すごいこと実現していると思います。きっとPCEPもしくは類似の方法を使って、通信事業者のネットワークの内部を知らずとも適切な設定ができるようになっているんでしょう。IETFで標準化中だそうですが、こういう技術が数年後には当たり前になるんでしょうね。