読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snuffkinの遊び場

IT関係、スポーツ、数学等に関することを、気が向いたときに書いてます。

日本のプロサッカーで一番バルサに近いのはレオネッサだと思う

サッカー日本選手権の決勝に行ってきました。
「元旦の国立競技場で女子決勝と男子決勝のダブルヘッダー」というのがここ数年の流れのようですが、実はダブルヘッダー制になってからは行くのは初めてです。

なでしこリーグが毎年レベルアップしているのを感じるのですが、レオネッサの試合を見るのは初めて。だって、2010年まではベレーザとかレッズにしか興味なかったですし。諸事情によりベレーザからレオネッサに主力が移籍してからは、レオネッサの試合を見てみたかったのですが、ようやく実現しました。結果から言うと、ビックリ。かなり楽しめ、「サッカーは生が一番」と改めて思いました。

レオネッサのスタメンのうち7人は、なでしこジャパンのメンバー(ロンドン五輪予選=最新の代表招集メンバーを基準にしています)。今年のなでしこリーグは無敗で優勝。なでしこリーグでは1試合平均3点取って、0.5点しか取られない強さ。どんなサッカーなのか興味ありました。
実際始まってみてビックリ。パス中心のサッカーなのですが、ディフェンスラインからしっかりパスでつなぐ。その徹底振りが半端ない。
自陣ゴール前でプレッシャーを受けたら、前にクリアするじゃないですか。中盤にパスを出す場所が見当たらなかったら、縦にロングボールを蹴りたくなるじゃないですか。けれど、レオネッサは、基本的に、クリアしないし、DFが縦にロングボールを蹴ったりしません。
マイボールになったら、そこが自陣ゴール前であろうとパスでつないで攻めます。相手のセンタリングをDFがトラップしてドリブル始めたりします。パスミスしたら失点のピンチの場面でも、パスを選択します。これは凄い。相当自信があってチーム全体で徹底できないと、実現できません。パスミスして、ピンチになることもしばしばですが、徹底してパスでつなぎます。
(フォーメーションも守備の仕方も違うけど)この点については、バルサじゃないですか。スキル的にも実現できていることも遠く及ばないですが、精神的にはバルサに近いのでは。国内のプロサッカーで一番バルサに近いサッカーをやっているのはJ1のチームではなく、レオネッサなのでは。なでしこジャパンを「女子サッカーのバルセロナ」と例えるのを聞くことがありますが、実はレオネッサがベースにあるからなのでは? スペイン代表が強いのはバルサがベースだからだと思うのですが、似たような関係がなでしこジャパンとレオネッサにもあるのでは?(とは言っても、なでしこジャパンはクリアしますし、やりたいサッカーも全く同じじゃないでしょうが)
もし、この戦い方を数年続けて成長できれば、凄いチームができるのではないでしょうか。もっとパス速度・精度が上がって、もっとパス選択肢が増えるように選手が動くようになるのが楽しみです。女子のトヨタカップを見てみたいです。こういうチームの試合は今後も見てみたい。せめて、テレビ放送を増やして欲しいな。ニュースで見るゴールシーンだけじゃ分からないです。
あっ、試合はレオネッサが3-0で圧勝でした。川澄選手が左サイドから再三チャンスを作っていたのが印象的でした。