読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snuffkinの遊び場

IT関係、スポーツ、数学等に関することを、気が向いたときに書いてます。

ACLとJ2を同時に戦う夢のようなことは起きず

男子は史上初のJ2対決の決勝。今年の天皇杯は本当に番狂わせでしたね。決勝のJ2対決だけでなく、JFL松本山雅がJ2横浜FC・J1アルビレックス新潟を撃破したのもビックリ。なぜか大きく報道されていないと思いますが、一番の驚きはJ1の大宮アルディージャが大学生に負けたこと。一体どうなっているんでしょう。J1昇格した年に柏レイソルが優勝したし、何かおかしなことになっていませんか。
で、一番期待したのは京都サンガが優勝して、ACLとJ2を同時に戦う夢のようなことが起きること。なので、京都サンガを応援しましたが、さすがにFC東京はJ2チャンピオンでしたね。京都が先制するも、今野のゴールですぐに追いつく(FC東京のファンには感慨深いゴールでしょうね)と、森重のフリーキックで勝ち越し点。このフリーキック、斜め横方向から見ていたのですが、キーパーが若干変な動きして、ゴールのそれほど隅でもないところに決まりました。「なんとなく伸びた?」とは思いましたが、あまり気にしていませんでした。その後、VTRで分かったのですが、実はコレ、無回転シュートだったんですね。初めて生で見ました。横から見ていると良く分かりませんね。。。
あとは、ルーカスや石川が上手すぎて、歯が立たない感じでした。このサッカーができれば、J1に入っても上位に行けるはず。スコアは4-2でしたが、京都もひどかった訳ではなく、ちゃんとしていました。今日のようなレベルを年間通してキープできれば、J1で戦えるチームだと思いました。偶然決勝に来たわけではなく、両チームとも調子が良かったから決勝に来たのだろうと思います。