読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snuffkinの遊び場

IT関係、スポーツ、数学等に関することを、気が向いたときに書いてます。

なでしこリーグ観に行ってきました

遅くなったけど、書いておきます。

プリンスリーグと迷ったけれど、なでしこリーグのベレーザvsレッズを観に江戸川区陸上競技場に行きました。理由は観に行ける距離で、1位vs2位のカードがあったから。Jリーグはレッズファンですが、なでしこリーグは特に好きなチームもないので、中立的に応援しようと思って会場に向かいしました。
会場は西葛西の駅から徒歩15分くらい。なでしこリーグなので、それほど観客もいないと思って行きましたが、あれれ、会場の近くにくると何やら応援らしき声が聞こえます。中に入ってみると、結構な数のレッズサポーターが大合唱中です。200-300人くらいいる? なでしこレッズも熱烈なサポーターが駆けつけるんですね。凄いや、これ。本当にびっくりしました。一方でホームのベレーザはレッズの半分以下の声援。このくらいが普通の応援だと思います。
ベレーザは日本代表の澤選手や荒川選手を擁したチーム。一方のレッズは、、、よく分かりません(まあ、ベレーザもよく知らないですが)。なでしこリーグの試合は始めて観るだけに、期待してキックオフを迎えました。
試合が始まってみると、基本的にはロングボールの蹴り合い。何度も何度も、ロングボールの蹴り合い。ロングボールの処理をベレーザのDFがミスしたところでレッズが得点ゲット。前半はレッズが2-0とリードして折り返しました。
後半もレッズが2得点追加して4-0。だいぶワンサイドゲームになってきました。確かにレッズの選手の方が良く動いていますが、それにしても、点差が開き過ぎ。ベレーザが1点返すも、結局レッズが4-1で快勝しました。これで、レッズが1位に躍り出ました。女子のアジアカップが行われるため、なでしこリーグはしばらくお休み。中断前の首位決戦を飾ったレッズは気持ち良く休みに入れるでしょう。
後で公式発表を見ると観客は900人。試合後の選手のクールダウンもグラウンドの隅で行うなど、手作り感漂うところがJリーグと違った良さだと思いました。入場料も基本的に無料だったり、選手にも高校生くらいの人がいたりと、草スポーツ感があるのも面白い。そのような中で、多くのサポーターが観に来るレッズは特殊な存在だと思いました。レッズサポーター凄いですね。
ただ、レベルを考えると、やらなきゃいけないことは多そうです。男子と同じレベルを目指すには、Jリーグレベルの監督をなでしこリーグのチームに迎えて、現代サッカーの戦い方ができるようにする必要があると思います。やり方知らないだけで、絶対に女子も強くなれると思います。こういう点は、お金かけてでも力をかけるべきところだと思います。
まずは、アジアカップを頑張ってください!