読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snuffkinの遊び場

IT関係、スポーツ、数学等に関することを、気が向いたときに書いてます。

久保かよ〜!

また今日も、J2観てきました。J2の中でも低迷中の横浜FCと、J2の首位独走のサンフレッチェ広島の試合です。もちろん、横浜FCを応援です。今回はチケット半額で購入できたため、メインスタンドの最前列で観ることにしました。「第四審判の上で試合を観る」感覚です。「後ろ」でなく「上」です。三ッ沢はそのくらいグラウンドに近い所です。
J2得点王争いトップの広島・佐藤寿人選手に注目しようと思ったら、もっと気になった選手がいました。広島10番の柏木選手です。いわゆる「トップ下」の選手なんですけど、まあ〜良く走ります。両チーム通じて、攻撃の時に最も走っている選手だと思います。いろんなところに顔出します。しかも、うまい。危険なオーラが漂っています。
広島の攻撃は面白い。3-6-1の陣形で、1トップは佐藤選手。中盤の両サイドは目一杯開いて相手陣奥深くまでどんどんあがっていきます。基本的にはサイド攻撃のチームです。中央にはそれほど人を割いていないと思ったら、サイドから攻撃している間に何人も上がってきて、センタリングに合わせてきます。これがなかなか効果的でした。今J1で戦っても、真ん中くらいの順位には行けるのでは?
広島は攻撃時に中盤の中央にあまり人を割かずサイド攻撃します。一方、横浜の守備は中央に人がいます。その結果、横浜の中央の選手を無駄にしちゃっています。どんどんサイドからセンタリングが上がります。怖いよ〜。佐藤選手が得点取るのは本人の力もあるのでしょうが、この攻撃パターンが効果上げているからだと思いました。
また、比較的背の低い佐藤選手に対してロングボールを出す時があるのですが、これも面白い作戦。ロングボール出したときに、中盤の選手がこぼれたボールを狙いに行っている。佐藤選手が取れなくても、こぼれ球を拾えばOKな作戦。成功率はあまり高くないですが、抜け目ないです。
広島の守備はと言うと、これまた固い。守備モードに入ると、1トップの佐藤選手を残して10人で守る。守備モードに入ったときの広島からは、点を取れそうな気配がしませんでした。
試合は広島ペースで進みましたが前半は0-0で終了。横浜の三浦淳宏選手は前半途中で負傷退場。これは、痛いです。。。
後半に入っても0-0で進み、なかなか良い試合になってると思ったら、ひどい事件が起きました。
横浜のキーパーがボールを仲間に向けて投げたら、上がってきた広島の選手がガラ空きのゴールにダイレクトでシュートしてゴール。プロのプレーとは思えない凡ミス。良い試合なのにブチ壊しだよ。。。
しかし、これに切れずに数分後に横浜・池元選手のミドルシュートでゴール。狭いコースに良く決めた、ナイスシュートでした。試合は1-1で均衡した状態が続きました。
試合も残り15分くらいになって、広島は佐藤選手に代わって、久保選手を投入。昨年、久保選手は横浜FCに在籍してわずか1ゴール(これはこれで、凄まじいゴールでしたが)。J2落ちの原因のひとつとなっただけに、大ブーイングの中、ピッチに入ってきました。ちなみに、今回は座席が第四審判の上であるため、交代申告の様子を見ることができ、一足早く交代を知ることができました。若干お得。
広島のFWが久保選手に交代してから数分後、広島が左サイドからセンタリング。DFに競り勝って頭から飛び込んだのは、なんと久保! ファーストタッチで横浜から得点を奪いました。思わず「久保かよ〜!」と叫んでしまいました。そんなあなたは、去年観たかったよ。
結局これが決勝点となり、試合は1-2で横浜FCが敗北。もっと点を取られていても不思議じゃない内容でしたが、全体的には良い試合で1点差負け。決勝点は久保。この間観た、草津戦と比べると遥かに良い内容でした。けれど、決勝点は久保。
負けたことは仕方ないにしても、ラスト5分で負けていても選手から点を取る意志が感じられないのが残念。最低限、ラスト5分は攻め上がって欲しい。この点は早急に改善して欲しい。
1ヶ月後の広島との再戦では是非勝って欲しいです。