読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

snuffkinの遊び場

IT関係、スポーツ、数学等に関することを、気が向いたときに書いてます。

Macの中でWin7を使う

MacBookAirを買ったのに、Boot CampWindows7を使っていると、何かもったいない気がする。だって、WindowsよりMacの操作感が好きなのに。WindowsをMac感覚で使えたら良いのに。
そこで仮想化ソフトを入れてみました。
VMWareとかVirtualBoxとかありますが、Webで調べてみると、Win on Macにするのは、Parallelsというソフトが好評らしい。Coherenceモードというのにすれば、WinとMacの間でDrag & Dropでファイル移動もそうです。それに、Macの中の1ウィンドウとしてWinアプリを立ち上げられる様子。これは面白そう。
早速、インストール。おおっ、マルチタッチがWindowsで使えます。BootCampはここまで対応してくれなかったので、うれしい。それに、Windowsを使っていても、スクリーンの右上に割り当てたSpacesが生きているので、とっても便利。
ああっ、でも、Windowsから無線LANアダプタが認識できていない。多少試行錯誤した結果、Parallelsのマニュアルに立ち戻る。トラブル発生の際の対処法を書いたページがあるそうなので、調べてみた。ありました。
No Internet connection in Windows after upgrading to Parallels Desktop 6 for Mac
これで解決。デバイスマネージャから一旦削除して、自動検出しなおすだけ。意外と簡単ですね。
あとは、仮想化されたWindows上でどれだけヘビーに使えるか、試してみるか。